出会い系 成功 失敗

15年前の出会い系サイトで知り合った二人

九州出身の男性です。もう、出会い系アプリが出始めた頃ぐらいの話ですが、なので、もう15年前ぐらいになる話です。学校に行っていて授業中に暇だったので、初めて出会アプリに登録しました。

 

登録したら、3人の女性から返事があって、ワクワクしながらメッセージの交換をしていました。その3人の出身がバラバラで、一人は青森県もう一人は東京都でもう一人は山口県下関市だった。東京都出身の彼女はその日に連絡が来なくなって、顔も知らずに終わった。

 

青森の彼女はちょっと古いやり方が好きという事だったので、メールでお互いの住所を教えて文通をしながら写真なども送ったりしていた。ある日、青森県の彼女が「会いたい。」と言い出したが、自分は学生だったこともあって、「遠出は面倒だし、したくない。」と言う考えが強かったため、「会うのは、無理です。」と断ったら、その青森県の彼女との交際は終わった。

 

男

 

今、考えると「もう少し彼女の気持ちを考えて、言葉を言えばよかった。」と思った。「せっかく勇気を出して会いたい」と言ってくれたはずなのにと後から思って反省した。

 

最後の山口県の下関市出身の彼女は九州からそこまで遠い距離ではなかったので、一度、会ってみた。会う約束は彼女がJRの下関駅から博多駅にたまに遊びで来ていると言っていたので、来てもらった。

 

(ちなみにこの彼女と知り合ったときに使っていた出会い系が僕的に一番お気に入りで、僕好みの年齢層若めの女性が多かったしおすすめです! )

 

彼女も大学生でアルバイトをしていてお金がそこまで多く持っていないのに、わざわざ来てもらった。彼女が博多に着く前に、メールで博多口の像(母里太兵衛)の前にいますね。」と話した。博多に来たのは久しぶりと言っていたので、博多駅の近くを回ったりして最後には、キャナルシティ博多で映画を見て食事もした。帰りに博多駅まで彼女を送った。彼女が電車に乗る前に「今日は楽しかった。また来るね。」と言ってくれた。

 

彼女が帰りの車内でメールを打ってくれて、「今日は、どうもありがとう。また来週来ていいですか。」と聞かれたので、「いいですよ。」と答えた。それから気づいたら、毎週日曜日の休みに会うようになっていた。自分は毎週、博多で面白いところを探して、彼女に紹介しながら会っていた。

 

その場所は、博多から始まり天神、彼女は美術が好きなので大宰府の九州国立博物館や福岡市美術館、福岡市博物館などにも足を延ばしたりした。とにかく、彼女が興味がある物にうまく聞き出してり、行動で観察して気づく努力をした。そしたら、振り向いてくれて知らない二人だったが、彼女の気持ちがこちらに向くようになった。今は、訳があって離れている。

 

僕の体験から言って、出会えるアプリはちゃんと存在します!ただサクラがいる所があるのも事実なのでちゃんと見極める必要はあります。

当サイト管理人がおすすめする出会い関連サイト

出会えるアプリは男性の場合有料しかない!?安全で本当に出会える出会系を調べてみた
すぐ出会えるアプリ※おすすめの無料出会系を実際に使ってみた

ページの上部へ